イントロダクション

「STRONG WORLD」、 「Z」を超える、
究極の エンターテインメント大作!!

1997年、週刊「少年ジャンプ」での連載開始から19年を迎える「ONE PIECE」。

コミックスの累計発行部数は世界で3億2000万部を突破し、「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネス世界記録にまで認定。

日本のみならず世界中から絶大な支持を得て、不動の地位を築き上げた。

そして、2009年『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』(興行収入48億円)、2012年『ONE PIECE FILM Z』(興行収入68.7億円)と、公開の度にアニメの枠を超えて映画業界に大きな嵐を巻き起こしてきた劇場版シリーズ。前作から3年半の沈黙を破り、待望の劇場版最新作が決定した。

前作に続き再び総合プロデューサーを務めるのは原作者・尾田栄一郎。原作の世界観はそのままに徹底的に新しさを追求し、劇場版シリーズを新たな次元へと導く。

そしてこの超大型プロジェクトの元に、確かな手腕を持ったクリエイターたちが集った。監督には史上最年少でTVシリーズの三代目総監督に任命された宮元宏彰。脚本は「謎解きはディナーのあとで」などで知られる黒岩勉が、緻密なストーリー展開で持ち味を発揮する。

劇中曲を手掛けるのは尾田栄一郎をして、“天才”と言わしめたシンガーソングライター、小島麻由美。主題歌には近年ロックシーンで大きな注目を集める、男女2人組新世代ロックユニット、GLIM SPANKYが大抜擢された。

そしてゲスト声優にはかつてFolder5としてTVシリーズの主題歌を担当し、現在では日本を代表する女優へと成長した満島ひかりを始め、濱田岳、菜々緒、ケンドーコバヤシ、北大路欣也ら、各界で“黄金”のような活躍を魅せる豪華布陣が実現。『ONE PIECE FILM』シリーズの更なる進化を、華々しく彩る。

本作が目指したのは、“究極のエンターテイメント大作”。「ONE PIECE」ファン、映画ファン、全ての垣根を軽々と飛び越え、この夏、世界に史上最大の興奮と驚きが解き放たれる――。

『ONE PIECE』とは

『ONE PIECE』の世界

時は大海賊時代――。
伝説の海賊王ゴールド・ロジャーが遺した「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」をめぐって、
世界中の海で壮絶な戦いが繰り広げられていた…

海賊に憧れる少年ルフィは幼い頃、 村に滞在していた大海賊“赤髪のシャンクス”の戦利品「悪魔の実」を食べてしまい、 体が伸びるゴムゴムの能力と引き換えに、一生泳げない体になってしまった。 そしてある日、村を荒らす山賊とのいさかいから海に投げ込まれてしまう。 溺れるルフィを海獣が襲おうとした瞬間、彼を救ったのはシャンクスだった!その片腕を犠牲にして…

「お前がいつか立派な海賊になったら、この帽子を俺のところに返しに来い」 それから10年。 シャンクスから受け継いだ麦わら帽子をトレードマークに、 ルフィは「海賊王」という夢に向かって、大海原へと漕ぎ出した。 冒険の中で出会った、個性豊かな8人の仲間と共に、 麦わらの一味は“偉大なる航路”を突き進む!

そして今、冒険は半分を終え、更なる進化を遂げた一味は遂に後半の海“新世界”へ! 海の均衡を保つ“海軍本部”、“王下七武海”、“四皇”の三大勢力。 億越えの懸賞金を掛けられた大型ルーキーたち=通称“最悪の世代”。 そして世界にひしめく多くの謎。 大きな時代のうねりに負けることなく、 ルフィたちは次第にその名を世界に知らしめていく。

彼らは進むことを決してやめない。 それぞれが胸に秘めた夢を果たすまで、 ルフィと仲間たちの大いなる旅はまだまだ続く――。